LINK
自己破産申請は端的に定義すると弁済不可能の判定を受けた際に借入者が所持するほとんど一切の財(生存していく上で最小限度不可欠なものは残しておくことを許されている)を奪われてしまうのですがほぼ一切の負債が免責にできるのです。破産宣告を行った以降に手にした月給や新しく獲得したお金を弁済に使用する必然性、支払い義務はまったく存在せず借金返済に困った人の経済的な更生を促すことを目的とした法制度となっています。債務弁済におけるトラブルヲ持つ人々が多くのケースで抱えている悩みには自己破産の手続きを実行することに対する漠然とした心理的不安があるといえるでしょう。自分の同僚に知れ以降の生活に良くない影響をこうむるのでは?などというように考える借り主がどういう訳かたくさんいらっしゃいますが現実には悪影響を及ぼすようなことはあまりないのです。自己破産手続きは多重債務返済能力を超えた借金によって苦しんでいる方々を社会的に更生させることを目的に国が作った制度です。自己破産した人においてそれ以後の日常的な生活の中で支障をきたすような制限は極力ないように整備された制度なのです。その一方で自己破産の手続きを行うにあたっては確実に満たしておかなくてはならないことが存在します。それは何かと言うと返済義務のある借金を返していくのが無理(返納不能)であるという判断です。借金の大小または申立時の収入を斟酌して申し立てを行った人が返済不能状態という風に認定されたとすれば、自己破産を実行出来るのです。例を挙げると破産希望者の債務総額が100万円であることに対し月々の手取りが10万円。このような事例では借金の返済が難しく弁済できない状態だと判定され自己破産というものを執り行えるようになっているのです。一定の職に就いているかどうかという事は制度上あまり重視されることではなく破産の申告は通常のように給料を得たとしても返納が著しく困難である状況にある人にのみ適用されるという制約があるので、働きうる状態である上に労働が可能な条件下にあると判断されれば借入金の総計が二百万円に届かない際は、破産申告が受け付けられないということも考えられます。